ひとつ、ひとつ。

 

ひとつひとつ「重ねていくこと」、「紡ぎ出していくこと」。

そしてそれらを「まとめていくこと」。

それはいつもの嵐がやってきてまっさらにしていっても、
また、はじめから。