カテゴリー別アーカイブ: imaginer

ひとつ、ひとつ。

 

ひとつひとつ「重ねていくこと」、「紡ぎ出していくこと」。

そしてそれらを「まとめていくこと」。

それはいつもの嵐がやってきてまっさらにしていっても、
また、はじめから。

 

白く 眩い月に また

 

今日の月はなんだか白く光り輝いてた。

僕の中で月といったら
すこし黄色っぽいものだと思ってた。
だから「白く光り輝く月」だということに
気がついてなんだかすごく新鮮で不思議な月だなあと
名古屋の繁華街のど真ん中で見上げていたんだけど、
まだまだ見たこともない知らない風景が
たくさんありそうだということを感じて
また、ワクワクし始めたよ。

今を楽しむ。

 

今日も制作制作。

やっと制作活動に集中できるこのよろこびに感謝*

怪我の功名とはよくいったものだなぁ。
いまこのときこの瞬間を楽しく生きることができることに感謝して、
そして、またぼぉ〜っとして怪我しないようにきおつけます!*

とはいえまだまだ動かすときに痛いんだけどね。
とにかく慎重にケアしながら治していくよー!

我慢して攻め続けることの大切さ

 

見たくても見られない星空ならば

夜空の星を眺めたいのに、
今は星のない梅雨空が広がる季節。

だからこんな歌を聴いて、
せめて頭の中のイメージだけでも満天の星空に包まれながら行こうか♪

下のCDジャケットの下にあるiTunesのウィジェットのなかの7曲目「stop!」の
7のところにマウスカーソルを乗せると出てくる再生ボタンを押すと試聴できるよん♪
iPhoneの人は7曲目をタップするとiTunesストアに飛ぶのでそこで試聴できます*


♫ risette 「risette」 – 07. Stop!

明日は七夕まにあうかな

そうか、明日は七夕なんだね。
お天気は悪そうなんだけど、

うぉ〜!低気圧のせい?で頭痛がするんだけど
終わらない作品仕上げるぞぉ〜〜〜!

↓これのことね

さてさて、どうなることやら、お楽しみに*

くるくる回る “証”

このどしゃぶりの中、
頭の上にある分厚い雲のそのまた上を
宇宙ステーションが通り過ぎていった。

この宇宙ステーションの名前は 「天宮」。

おとなり中国の宇宙ステーションなんだけど、
ロケットの「神舟」といいこの宇宙ステーション「天宮」といい、
ロマンティックなネーミングセンスが好きだなぁ。

文字を見ただけで意味がなんとなく分かる気がするっていうのが
「漢字」だからというだけではなくって、
中国という国がほんとうにお隣の国なんだってことの証なんだきっと。

6ヶ月という距離感

今日セミたちが鳴き始めたかと思えば、
南半球はいま寒い冬なんだね。

7月始めの日本にいながら、自分の時計を6ヶ月もどして
今年の1月始めがどんな寒さだったのか思い出そうとしてみると・・・
意外に6ヶ月前の体感温度って思い出せないものだなぁ・・・

そういう6ヶ月の距離感っていいね。
南半球と北半球の関係性。
思い出せそうで思い出せない。

季節はいつも新しい。
季節はいつも嬉しい。

また新しいこの季節を迎えることができたことに感謝して、
この喜びをめいいっぱい楽しむしかないね。

Let’s Go !!!!

夜明け時、聞こえてきたのはセミたちが浮かべる祈り夏が始まる

今年初めてのセミたちの歌声が聞こえ始めた今朝。
これも夏の始まり。

にぎやかな日々がまたこれから続くんだね。
あなたたちの元気、頂きます。
今年もよろしくね。

夜明け時、聞こえてきたのはセミたちが浮かべる祈り夏が始まる